家

耐久性の高いローコスト住宅なら満足できる住まい造りが可能

自然豊かな地でマイホーム

住宅模型

ゆったり空間を楽しむ

近年、マイホームを自然豊かな地に求める傾向があります。都市部では価格が高く、十分な土地が確保できにくいといった事情が背景にあり、地方で家を建てて永住する人が目立っています。そんな中、今注目されているのは岐阜県での注文住宅によるマイホーム建設です。岐阜県は日本でも有数の大自然豊かな町であるとともに、比較的広い土地物件が多数あることで人気があります。広い土地での家作りとなりますとその間取りも様々に検討する必要がありますが、ここではより広くゆったりとした空間とするための豆知識をお伝えします。まず、玄関は4畳くらいのスペースは確保したいところです。玄関は下駄箱や用具入れ、乳母車の設置などを考慮すると、3畳のスペースでも狭いくらいです。子どもと一緒に玄関での靴の履き替えも考慮すると4畳くらいの場所は確保したいところです。また、トイレについては1.5畳から2畳くらいのスペースがベターです。老後などで車椅子生活を想定するとトイレは広いほうが使いやすくなります。このほか、子ども部屋については最初は広い部屋としておいて、将来的に年齢に応じてパーテーションで区切るなどして部屋を分割する、という工夫も効果的です。注文住宅の設計において参考にすると良いでしょう。

さらに良い家作りのために

近年、岐阜県での注文住宅による理想の家作りが人気を集めています。家づくりに重要となるのが設計の段階でできるかぎり要望を出すことです。妥協を許さずに積極的に要望を出すことが理想の家作りの第一歩となります。また、ハウスメーカーの完成見学会に参加することも良い参考になります。どの程度の広さなのか、ゆったり度はどれくらいなのか、といった感覚は実際に現場へ行かないと分からないものです。完成見学会に参加することでそういった感性を磨くことも重要なポイントとなります。また、設計完成後も施工中は定期的に施工現場に足を運ぶことも必要です。工事が適切に行われているかといったチェックをすることはもちろんですが、実際に目で見て変更したい箇所が出てくるかもしれません。規模によっては可能な変更も出てくることがあります。こういった点に注意すれば岐阜県での注文住宅でよりよいマイホーム作りが出来ることとなります。